June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

【淑女のためのむてんTCG講座】第一弾・デッキの組み方

やあ!中の人だよ!
僕はある時、むてん丸ファンの淑女のみなさんから、
「好きなキャラクターを使ってむてん丸TCGを遊んでみたい…
でもどうやってデッキを組んだらわからない!」

という意見を聞いたんだ。
そこで、あくまで勝ち負けにこだわらず、女の子の視点で楽しめるようなむてん丸TCGの遊び方の講座をやってみたら面白いんじゃないかと思ったんだよ。(`・ω・´)

早速、今回から暇のある時にブログに連載していこうと思うから、よろしくね!(`・ω・´)ノシ
では今回のテーマ!
ジャジャ〜ン!「デッキの組み方」

むてん丸TCGの遊び方は公式サイトの漫画を見ればなんとなくわかるかもしれないけれど、
好きなカードを使ったり、勝てるようにならなければ面白くないよね。
今回は基本的なデッキの組み方を解説するね!(`・ω・´)

★この講座はTCG初心者向けに効果のわかりやすいカード・使いやすいカードを優先して使っていきます。
★また、なるべく1つの章の中で完結するようにカードを選んでいきます。(章をまたいだ組み合わせが見つかったら追記します!)
★この講座を作っている人はTCG歴長いわけではないので、内容についていつでもツッコミ大歓迎です。
★カード画像は正々堂々と無断掲載しています。問題があれば削除いたします。


(1)むてん丸TCGってどういうゲームなの?
・むてん丸TCGは2人対戦のカードゲームだよ。
・5枚の主人公のカードをお互い用意して、手札の仲間のカードを使ってサポートしながら対戦するよ。
・先に相手の主人公を5枚全部倒したほうが勝ち!
・どんなカードでも主人公・仲間どちらにでも使えるよ。同じカードは何枚でもデッキに入れられるよ。(※後述)
・対戦方法については公式サイトの漫画が詳しいから読んでみてね!(^▽^)/

(2)カードの見方

トゥナ見てるカナー?
?シンボル
の3種類があるよ。主人公と同じシンボルのカードであれば仲間(※後述)として使うことができるんだ。

?パワー
黄色い数字のことだよ。数が大きいほど強いんだ。

?効果
カードの持つ特殊な能力のことだよ。カードによって勝負にプラスになる効果もあるし、マイナスになる効果もあるんだ。

?星
数が多いほど強いカードだよ!ただし、数が多いほどデッキに多くは入れられなくなるんだ。

?枠
枠の模様の色を対戦に使うよ。(カードの地の色は関係ないから注意だよ。)(`・ω・´)
種類は青(むてん丸の仲間)灰(味方キャラ)緑(動物キャラ)紫(悪役キャラ)銀(☆3カード)金(☆4カード)があるよ。


(2)主人公と仲間

●主人公って?(゚▽゚)
最初に5枚選んで、メインで対決するカードだよ。この5枚が全部やられてしまったら自分の負けなんだ。
主人公は対決に勝った場合、捨てられずに場に残るよ。

★主人公向けのカードって?(`・ω・´)  ・素のパワーが強いカード
一般的にパワー400以上のカードが使いやすいよ!

・☆の数が多いカード
☆が多いカードはデッキに多く入れられないんだ。勝ったら場に残る主人公の方が活躍のチャンスが多くなっておトクだよ。

・「このカードが主人公なら」が効果についているカード
主人公である場合に効果が使えるカードだよ。迷わず主人公にしよう!


●仲間って?(゚▽゚)
主人公以外のカード。手札として持つことになるよ。主人公と同じシンボルであれば仲間として主人公に付けて使えるんだ。
仲間として付いたカードはパワーを主人公にプラスできるし、カードの効果も使うことができるよ。
主人公と違う点は1回の対決が終わったら捨てなくてはならないんだ。

★仲間向けのカードって?(`・ω・´) 
・「このカードが仲間なら」が効果に付いているカード
仲間である場合に効果が使えるカードだね。迷わず仲間にしよう!

・相手のシンボルや枠によってパワーがマイナスになるカード
相手の主人公のカードによって自分の主人公のパワーがマイナスになったら悲しいよね。(´・ω・`)
これらのカードは相手の主人公が何かわかってから使える仲間の方が向いているよ。

※ワルーサ&グレール(7章クイーン)のように効果で主人公になれないと決まっている変わったカードもあるよ。(゜ω゜)

※ここで説明している主人公向け、味方向けについてはカードの効果によって例外があるよ!


(3)☆の数の配分
デッキを作る時に、カードは☆15個分以内になるように組まなくてはならないんだ。
☆15個分以内であれば、何枚でもカードを入れられるし、同じカードも入れられるよ!(`・ω・´)
ここでは独断と偏見で一例を紹介するよ。自分のアイデアでいろいろ変えてみよう!

☆☆☆☆ 0〜1枚
☆☆☆  0〜1枚
☆☆   2〜3枚(入れなくてもOK)
    5枚以上

最初はカードの枚数が全部で11枚以上だとプレイしやすいと思うよ!(*゚▽゚)
カードの枚数は多ければ多いほど良いけれど、☆が多いカードの方が効果が強い場合が多いから、悩みどころだね!

今回はここまでだよ!文字ばかりで疲れちゃったかな…ごめんね(´・ω・`)
次回からはねんがんのキャラクター別使い方を解説していくよ!
次回は第一章の登場人物のあの人を解説!お楽しみに!(^▽^)/
pagetop